すぐにお湯が出るウォーターサーバーの仕組みと構造とは?わかりやすく解説します!

ウォーターサーバーとは

ウォーターサーバーとは、おいしい水をいつでも飲むことができる給水・給湯器です。
今までは、飲食店をはじめとした店舗やオフィスで利用されることが多かったウォーターサーバーですが、近年では、家庭で利用されることも多くなってきています。
安全においしくなったとはいえ、水道水は水の浄化に塩素系の薬品が使われていたり、環境汚染による汚染の問題もあります。
このような時代背景の中で、ウォーターサーバーに注目が集まり、一家に1台あると便利で必要なものになってきているとも言えます。

ウォーターサーバーを利用するメリット・デメリット8選
2019.9.13
ウォーターサーバーを設置するメリットとデメリットを利用者からの声から10個まとめてみました。...

ウォーターサーバーの構造と仕組み

いつでも冷水と温水が使える便利なウォーターサーバーですが、どのような仕組みになっているのでしょうか。

ウォーターサーバーの構造

水が入った専用のボトルを本体に設置するウォーターサーバーですが、ボトルが1つしかないにも関わらず、温度調整ができる理由を見ていきましょう。
ウォーターサーバーの内部には、お湯用と冷水用の2種類のタンクがあります。
それぞれのタンクで温めたり冷やしたりして適温の状態でストックしているのです。
ウォーターサーバーを利用する時は、それぞれのタンクから利用するので、簡単に待つことなく水・お湯を飲むことができるのです。

水を温める仕組み

水を温める仕組みは、電気ボットに似ているかもしれません。
温水タンクの中にある金属棒や外部に取り付けたヒーターを通して電気の力を利用し、温めるという方式が一般的です。
前述の通り、冷水用と温水用のタンクが別れていることが多いので、温水利用の際に、再度温め直す必要がほとんどなく、電気代もそこまでかかることはありません。
温度としても約90℃程度まで温めることができるので、様々な用途に利用可能です。

水を冷却する仕組み

ウォーターサーバーで採用されている冷却方法は主に下記2つありますが、よく用いられる方法はコンプレッサー式です。

・コンプレッサー式
・電子式

コンプレッサー式

タンク内に「冷媒」を設置し、冷媒ガスを循環させることで冷却する方法です。
比較的短時間で大量の水を冷却でき、また消費電力も少ないので、この方式が主流です。
昔は、構造上、ウォーターサーバーのタンク自体が大型化するというデメリットもありましたが、今ではそのデメリットも解消されています。
電子式よりも冷却の際の音が気になることがあるかもしれませが、特に気にならなければ、こちらの方式のほうがおすすめです。

電子式

冷却タンクにペルチェと呼ばれるパーツを設置し、そこに電気を通し、温度を下げるという方式です。
このペルチェの名を取り、ペルチェ式とも呼ばれています。
コンプレッサー式よりも冷却時間が長い(約3時間)とされていて、その時間に比例して消費電力が大きいです。
静音性には優れているので、コンプレッサー式を使っていてどうしても音が気になる場合には使ってみてもいいかもしれません。

まとめ

ウォーターサーバーの仕組みと構造についてご紹介してきましたが、いかがでしたでしょうか?
基本的にどのメーカーでも同じような仕組みを採用しているので、自分の利用の仕方にあったウォーターサーバーを選ぶことが大切と言えるでしょう。
ウォーターサーバーを比較する際には、電気代や冷却スピード、容量などの観点に注目することをおすすめします。

コラムの関連記事
  • ウォーターサーバーを利用するメリット・デメリット8選
  • すぐにお湯が出るウォーターサーバーの仕組みと構造とは?わかりやすく解説します!
おすすめの記事